関東地震予測の可能にはプレート理論と関係する

意識を高めて身を守る

情報を活用しよう

男性

昨今、日本のあちこちで地震が起こっています。
東北大震災、熊本大震災、と大きな地震の他にも小さな揺れは常に観測されています。
次は関東地震だと言われ続けて来ていますが、幸いにも未だ都心周辺での大規模な地震は起こっていません。
しかし、震度3程度で見れば一年に何度も揺れています。
地震大国と言われる日本で生活していると、震度が5以上でないと大したことが無いと判断しがちです。
しかし、余震の後に本震が来て大惨事になったケースは山ほどあります。
近年起こった大きな震災でも揺れがいったん収まって自宅に物を取りに帰ったり日常生活に戻ったりして被災する話もありました。
どんなに小さな地震でも先を考えれば常に警戒する必要があるのです。
そして起こってから警戒するのではなく、予測して動くことも必要です。
これまでに日本で起きた地震を元に時期や場所、そして規模を予測する研究が各大学や専門機関で進んでいます。
それらの情報はSNSやホームページで簡単に調べることができます。
関東だけでなく全国の情報を仕入れておけば、十分に備えられます。
関東地震ならば日本中が経済的なダメージを受けます。
他の地方に住んでいても決して他人事ではないのです。
予測された情報を元にして必要な防災グッズや避難場所の確認を怠らないようにしましょう。
関東地震が発生する確率は三十年以内に七割で、実際に起これば交通機関は麻痺し被害額は百兆円とも言われています。
いつ関東地震が起きるか分からない以上、警戒心は持っておくに越したことはありません。
専門家の予測をチェックし危険性を頭に入れて行動し自分や大切な人々の身を守りましょう。

巨大地震に備えて行動を

グラフ

今後、首都圏を震源とする関東地震が30年以内に70%超の高確率で発生すると、予測され警告されています。
関東地震は直下型で、海溝型と比較して揺れの周期が短い事から、瞬間的に非常に強い揺れが襲う危険性があります。
このため、避難などをするにも動く事ができないほどの強震ですので、家屋の倒壊や倒れてくるタンスなどの、家具の下敷きになるなどの恐れが大きい地震です。
一般的に関東地震のようなマグニチュードが大きい地震は、発生の数日前に予兆があるといわれています。
これらの予兆は、地下深くの岩盤や高層の大気、さらに宇宙空間の電離圏にまで異常現象として現れると研究で報告されています。
これらの異常現象を観測して巨大地震の発生を予測する事によって、被害を最小限に抑える減災に繋げる事が可能です。
このような予兆現象を掴むには電波を使った観測が有力とされており、数多くの地震研究者が常時観測を行っています。
観測結果や発生予測は、個人のホームページやブログなどで公表されており、メディアなども注目しているほどです。
もし、関東地震が発生した際の被害予測は、マグニチュードや震源などにより様々なパターンの予測が、国から発表されています。
いずれも場合も被害は甚大で、大災害になる事は確実視されている地震です。
このため、各自治体などの防災計画には関心を持って、自分たちで出来る限りの備えをする事が必要でしょう。
地震研究者の発生予測などを、日頃から閲覧して注意を払うのも良い方法ですが、あくまで個人が発表しているものは、参考程度と考えて閲覧してください。
ただ色々な情報を入手し、それらの情報を取捨選択することは大事なことです。
いまは防災にむけたアプリなども登場しているので、そういったものも活用しながら情報収集を行ない、防災アイテムなどを用意して万が一の自体に備えておきましょう。

様々なサービスがあります

防災グッズ

地震予測は昔からのテーマとなっていて様々なサイトや会社、または個人が予測をしています。
特に関東地震は近年地震が来るといわれているので、このような予測サービスは人気となっています。
地震予測は絶対当たる訳ではなく、あくまでも予測ですが関東地震のような広範囲にわたる地震であれば相当な被害が予想されます。
このようなサービスで防災意識が高まれば大惨事を少しでも軽減できる効果があります。
このような予測サービスが沢山ある中でどのサービスを利用したらよいのか、1つの基準としてはアクセス数です。
インターネットでは毎日または累計でどの程度の人がアクセスしたのかを確認できるアクセスカウンターがあります。
これを参考にする事でどの程度の人がそのサービスを見ているのかがわかります。
また予測の仕方は電磁波ノイズから推測するもの、地盤変動から場所や時間を推測するものなど様々で、無料のサービスもあれば月額利用料がかかってくるものもあります。
様々なサイトやサービスをまず一度見てみて、予測方法やサービス内容からこれならと思えるものを探す事が重要です。
なお、サービスとしては自分でサイトを見にいくタイプのものとメールマガジンやアプリで配信されるものがあります。
配信されるタイプの方が情報をリアルタイムにとる事が出来るのでお勧めです。
なお小さな地震は予測しにくく、関東地震のような広範囲にわたるものやマグニチュードが大きいものが予測しやすいといわれていますが、関東地震に限らず東海地震等、起きた場合にはすぐ対応できるように日ごろから準備をする為にもこのようなサービスを利用するのも1つの方法です。