関東地震予測の可能にはプレート理論と関係する

安全な避難は計画から

被害の想定と適切なグッズ

世界地図と波線

震度3程度で大災害となる可能性は低いといえますが、震度4や5以上になると被害が目立ち始めます。
今後予測される関東地震は大きな揺れが発生するといわれており、なるべく早めに防災対策を見直すべきでしょう。
近頃は関東地震を含めた全国対応の予測サービスが登場し、防災に対する関心が高まってきているのです。
関東地震で予測される被害は、揺れにより発生する倒壊や火災と津波が挙げられ、エリアによってそれぞれの危険度が異なります。
まずは自宅エリアや勤務先エリアのハザードマップを活用し、想定される被害の確認が重要なポイントです。
被害のシミュレーションから見えてくるのが災害時の必須アイテムで、関東地震の発生前に防災グッズとして確保できます。
ムダな荷物を減らして身軽にすることも大切ですので、防災グッズの選定はじっくり検討できるうちから実施しましょう。
被害予測から見る防災グッズの一例としては、ガラスが散らばりやすい市街エリアの場合、貫通防止用の中敷きが有効です。
足や身体へのダメージは避難スピードを確実に低下させますので、中敷き以外にも革製軍手やヘルメットが必須となります。
このほか、関東地震では電気が使えない可能性があるため、電池の消費量を少なくするLEDタイプの懐中電灯があると安心です。
また、ラジオは状況把握や避難方向の確認に有効であり、歩行をしながら聞ける小型タイプも選択できます。
食料も含めてリュックに収納できる量を目安とし、地図やメモの紙類は防水を意識するのも工夫の1つです。

事前に必要な知識

崩れた住宅

日本は地震大国です。
近々くると言われている地震の中でも首都圏にお住まいの方が心配なのが首都直下型、関東地震です。
予測サイトや予知をする方もいますが、科学的根拠にみた地震研究者の情報は収集しておくと役に立ちます。
予測は当てにならないとお考えの方も多数いますが、地震はこないほうが良いものであり、予測が外れたからと言って残念がる必要もありません。
まず知識として、首都直下型M8クラスの関東地震は約200年周期で発生するということを頭に入れましょう。
最後に首都直下と呼ばれる関東地震が発生したのは1923年です。
ここから計算すると約80年〜100年の静穏期を経て、そろそろ活動期に突入してもおかしくないのです。
活動期に入るとM6、7クラスの地震が頻発し、M8クラスの地震がくると言われています。
M7でも結構な大きさですが、政府の出している被害予測は考えうる最悪の事態を想定したものですので日頃から対策を行っていれば大きな問題はありません。
建築基準が変更されたのは1981年ですので、それ以降に建てられた家屋に住んでいれば大きな被害は免れるでしょう。
日頃から家具の固定や避難経路を確認しておくことも大切です。
過去の関東地震でも死者が100人以上でていることは稀ですので、過剰に心配する必要はありません。
また大地震がくる前には自然界の変調がおきるとも言われていますので、ニュースをこまめにチェックするのも良いでしょう。
時間やお金に余裕があるのであれば、そういったニュースがでたときに非常食を購入したり、安全な地に移動して生活するのも選択肢に入れても良いでしょう。

防災のための心構え

頭巾をかぶる人

近年では南海トラフ地震や関東地震の危険性が高まっているといわれていますが、地震の予測は本当に難しいものです。
ここ数年で記憶に新しいのは東日本大震災ですが、今でもなお余震が起こっている状態です。
これだけ規模が大きな地震が起こることも、どんな研究者も予測をするのは難しいことでした。
よく言われているのが、環太平洋プレートでの地震が連動しているということです。
そのプレートにつながる場所で大きな地震が発生した場合、ひずみが発生する事で徐々にエネルギーが蓄積されていき、またどこかで大きな地震が起こるかもしれない、という可能性があるということです。
関東地震が起こると人々はパニックに陥ります。
日ごろから避難の場所を確保しておくことは命を守るために最も重要なことなのではないでしょうか。
また、いざという時のために非常食を持ち歩いたりしても良いでしょう。
また、関東地震に備えて、地震の予測サイトやアプリを利用するのもよい方法です。
サイトに登録後、地震が起こると予測された場合は、メールで通知されます。
さらにサイトでは地震予測の仕組みや非常持ち出し袋に入れておきたいグッズの解説などもされており、関東地震に備えることができます。
無料で情報が提供されているサイトもありますが、より詳しい情報を知るには有料登録をするとよいでしょう。
また、自分が住んでいる地域の情報がカバーされているか、登録前に確認しておくのがポイントです。
サイトの登録料は、月額制度になっていることが多いようです。