関東地震予測の可能にはプレート理論と関係する

プレート理論と地震の関係

3つのプレートがぶつかる

地割れ

関東地震の予測は、難しいと言われていますが、何故関東地震が起こるのかはある程度わかっています。
それは、プレート理論で説明できるからです。
プレート理論は、地球表面の約10kmの地殻がいくつかの独立した領域に分かれているところからはじまります。
関東付近では、北米プレートとフィリピンプレート、及びユーラシアプレートが交差しています。
この内フィリピンプレートが西にあるユーラシアプレート方向へ少しづつ移動しているそうです。
さらに東には太平洋プレートがあって少しづつ西に移動しながら、北米プレートとフィリピンプレートに接しています。
西に移動しているフィリピンプレートは接している他のプレートの下に潜り込んでいるのです。
そして、この時の地殻同士の摩擦などのストレスが開放される時に地震が起こるとされています。
このように複雑なプレート同士の関係が関東地震の予測を難しくしています。
プレート理論で説明できない内陸型の直下型地震もありますが、こちらは地下の構造がよくわかっていないため、予測はかなり難しいそうです。
いずれにしても、地震の起こるメカニズムはある程度わかっていますが、いつ起こるかの予測はできないというのが一般的な理解でしょう。
これは関東地震にも言えて、プレートの境界で起こるのか、直下型で起こるのか、その予測は困難をきわめると言われています。
そのため、関東地震への備えをしておくと安心です。
最近は地震発生を事前に知らせてくれるアプリなども登場しているので、活用しましょう。
大抵は無料で利用できますが、有料版ではより詳細な予測情報を得ることができます。

地殻変動による予報メール

波線

巨大地震には一定のサイクルがあるといわれ、関東地震も大正時代に起こってからすでに100年以上経過するので発生するのではないかという予測が立てられています。
気象庁の発表でも今の段階での正確な予知は難しいという判断をしています。
だからといって何の準備や対策をしなくてもよいということではなく、個々人で関東地震の予測に関心を持つことが必要です。
色々な予測法が試みられていますが、私たちがすぐにできる対策としてはスマホによるチェックです。
例えば比較的予測の精度が高いと注目されているものに、地殻変動を測定してその変化によって関東地震を予測するという方法があります。
今の時代は宇宙衛星からの電波で正確に地殻変動を捉えることができます。
大地震の前には地殻変動が起こるため、それを普段から測定して関東地震に備えることができます。
このようなサイトを研究者が立ち上げているので、有料メールの登録をしておくとスマホで配信を読むことができます。
関東地震の発生する恐れがある場合にメールで通知してくれるので、事前に対策や準備をすることができます。
何よりも心構えができるのがメリットです。
必ず当たるというわけではないですが、心の準備ができますし、家族などに注意を喚起することができます。
もし当たらなかったら幸いと思うことが大事で、そのような心がけが地震予測を利用する場合には必要なのです。
地殻変動の他にも様々な研究が行われているので、スマホやパソコンを活用した情報収集をすることが身の安全につながります。

地震に対する備え

婦人

少し前、何かと関東地震の予測が取り上げられていましたが、今では、喉元過ぎればの状態です。
何時起きるか分からない関東地震の予測を気にしても仕方がないと考える人も多いことでしょう。
確かに、関東地震が起こるとされる予測時期は、1日後から30年後という長期間に跨っています。
時期がはっきり分からないのでは、何をしようもないといった声もよく聞きます。
しかし、何も起こらない今だからこそ出来ることも多いのです。
非常持ち出し袋などを用意するのは勿論のこと、いざという時のことを話し合って決めておくことも重要です。
家族が何人かいれば、もしもの時の行動や待ち合わせの場所を決めておくのも意義があります。
先の震災でも、家族や近隣の住民との話し合いを進めていた人の多くが命拾いをしています。
いざという時に慌てないこと、このことはどのようなケースでも重要です。
できれば、定期的に震災のことを話し合うと良いでしょう。
また、もう一つ大切なことは、住んでいる地域を知ることです。
同じ地域でも、地盤が弱かったり、水害の危険性があったりと、場所によってその脆弱性が異なります。
その特徴を掴み、自分なりのハザードマップを作ることも大事です。
自分の住む地域とその危険性を把握することで、避難経路も予め考えておくことができます。
関東地震の予測を生活に活かすためには、震災が起こった時に慌てない下地作りをすることが重要と言えます。
震災が起こった時への備えは、継続してこそ力になります。